IT関係 ハードウェア(機器)

NAS(ネットワークHDD)の便利さを簡単にご説明します。

NASとは?

NASとは「Network Attached Storage」の略です。
簡単に言うと、ネットワークHDD(ハードディスク)の事です。
最近はSSD(SDカードと同じチップ型の保存媒体)も普及していますので、ネットワークSSDもあります。

今までのネットワーク構成

店舗や事務所等に多いパターンとして、今までは色々なデータをパソコンに保管し、そのパソコンに共有設定をする事で他のパソコンからデータを読み書きしていました。(下図参照)
その場合データを保管しているパソコンの電源が切れたりすると、そのパソコンの電源を入れるという手間が発生したり、外出先からそのパソコンにアクセスしてデータを参照する設定が複雑だったりと、あまり便利というものではありませんでした。
規模が大きい企業はファイルサーバーを導入したりしています。

今後の共有データの設置方法

しかしここ数年NASが安価になってきました。
NASの2テラバイトでも1万円台です。(1GB(ギガバイト)=1000MB(メガバイト) 1TB(テラバイト)=1000GB)

安価のため、お客様にはNASへの切り替えをお勧めしております。

最近テレワークが増えたので、自宅から会社のデータを参照したり編集したりするので、USBメモリやメールでデータを移動させる手間が省けます。本当に便利です。下図はNAS導入のイメージ図です。

ぜひネットワーク上でデータを共有するのにご検討下さい。

テレワークにも利用出来るので重宝します。

一般家庭ですと、音楽やビデオ、写真などのデータをNASに格納しておけば外出先やWi-Fi経由で見られるので便利ですよ☆

20GB程度の容量で済むのでしたらクラウドサービスが便利です。
こちらは後日別記事に記載します。

参考サイト

お問い合わせ

こちらもCHECK

お問合せ

お問合せ先 お電話 電話&FAX 現在受け付けておりません 携帯電話 スマートフォン直通 070-5363-2607 E-Mail メール宛先 info@virny.jp LINE 電話番号で検索する ...

続きを見る

-IT関係, ハードウェア(機器)